2017年12月9日土曜日

12月は4万円

11月のアメリカ雇用統計も引き続き堅調な感じ。

11月就業者22万人増 失業率は横ばい:毎日新聞

毎月堅調な結果が続いて今年3回目の利上げが確実視されています。


そんな中で現状確認。




全クラス含み益継続中。


今月は29年度最終月なので


ニッセイ国内債券2万円
ニッセイJリート
ひふみプラス


久々に4万円追加です。
今年は上昇局面で追加するタイミングがあまりなく、追加する場面が少なかったのでちょっと多めにしました。


12月に入って若干の調整というか、予想外の行動というか…

コラム:エルサレム首都認定でトランプ氏が招く「悲惨な代償」:ロイター

好調な経済に水を差すことにならないことを祈るしかないです。





にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

2017年12月2日土曜日

11月の運用成績

2017年11月の運用成績です。

日米ともに右肩上がりの株式相場。
底堅い流れが続いた11月でした。

資産構成比



11月の投資はニッセイ国内債券、ニッセイJリートを10000円ずつ。


投資総額 2605825円  実績 3499476円
 (うち利益確定分 1105825円 実績 1566486円)


累計リターン +34.29%  前月比 +0.43%



3か月連続でプラス。



前月比上位ファンド

①ひふみプラス         +4.38%
②ニッセイJリート       +2.96%
③野村新興国株式        +1.13%

(参考:マネラップ       -0.14%)

前月比下位ファンド

①ダイワ成長国債券       -0.79%
②DIAM世界リート       -0.38%
③ニッセイ外国株式       -0.23%


久々にJリートが上位に食い込んできました。


ぼちぼち各社が2018年の株価予想を始めました。
22000円~25000円が大体の予想となっています。

やっぱり東京オリンピックまでは堅調と読む人が多いですね。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


2017年11月23日木曜日

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017に投票しました

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017

に投票しました。



「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」とは? 

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか? 証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017:より引用



去年は投票するファンドもマンネリになってきたので参加を見送りましたが、今年は投票です。
当初は手作り感が満載だったこのイベントも大手新聞に取り上げられるほど大きく成長してきましたね~



発表は来年1月。


2017年の受賞ファンドはどれになるか。
楽しみに待ちましょう!



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

2017年11月16日木曜日

外国人投資家と個人投資家の行動

時折耳にし、日本市場を大きく動かすことがある


「外国人投資家」


表記通り外国人の投資家のことを指すとなんとなくはわかっていても実際の定義を調べるまではしてませんでした。

最近の株式上昇の要因にもなっているようなのでちょっと調べてみました。


外国人投資家とは日本市場に投資をする外国籍の個人及び法人の投資家。
外為法により

①非居住者個人
②外国法に基づいて設立された法人
③国内の会社でも①、②が実質的支配者であると認められるもの
④非居住者である個人がその役員、代表権を有する役員のいずれか過半数を占める法人

と規定があります。
なんとなくわかりましたね。


さて、相場に影響を与えるといっても実際の影響力はどの程度の物なのか。


取引量における外国人投資家の比率をJPXが公表しています。
現在見れる最新の物が10月30日~11月2日。


ちょっと見づらいですが、東証1部のデータ。
10月30日~11月2日の外国人投資家の取引量全体に占める割合は

売り 67.0%
買い 68.7%

結構高い占有率。
個人、証券会社、法人ともに売り越しの中、外国人投資家だけが買い越し。

日経平均は

11月27日 22008円
11月 2日 22539円。

上昇局面でした。



外国人投資家は順張りで個人投資家は逆張りが多いとよく言われるので、下落局面のデータも引っ張ります。

16年12月22日19427円
   12月30日19114円
下落局面です。


海外投資家占有率

売り 67.1%
買い 71.5%

上昇局面だった10月30日の週と同じく海外投資家のみ買い越しです。


あれ?
海外投資家は順張りなので下落局面では売り越しになると予想したんですが…


日本株式は長期にわたって上昇局面だから単週で判断するわけではないのかな?



今年に入ってからの外国人投資家の売り越し、買い越しを月別で見てみると


外国人投資家と個人投資家の行動が一致する確率

30%

日経平均の上昇と外国人投資家の買い越しが一致する確率

30%

日経平均の上昇と個人投資家の買い越しが一致する確率

10%


個人投資家が逆張りに走る傾向があると裏付けることはできそう。
でも外国人投資家が順張りというにはもっと多くのデータ分析が必要かも。


このデータで未来の相場を読むことはできませんがいろんな投資スタンスの投資家がいることで相場のバランスが取れていると結論には至りそうです。


そのバランスが崩れたときにパニック相場になるんでしょうね~

参考サイト
投資部門別売買状況:日本取引所グループ
外国人投資家:金融情報サイト


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


2017年11月14日火曜日

11月の積立投資約定

11月の積立投資分


ニッセイJリート
ニッセイ国内債券


が約定しました。


              約定価格           平均取得単価
ニッセイJリート     13910円   7190口  13471円
ニッセイ国内債券     10374円   9640口  10151円


11月は2万円投資。
約定価格と現在はそれほど差がありません。


現在の状況を確認すると




一本調子で上昇してきた日本株式もようやく一服。
上昇の要因の一つ、外国人投資家の今後の動向が注目されます。


今から日本株を買って儲けることはできるか:東洋経済オンライン


少し落ち着いてくれたほうが私も落ち着きます(笑)





にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村