2017年6月27日火曜日

6月のポートフォリオの達人

投資にチャレンジ!ポートフォリオの達人の途中経過です。
第5回 投資にチャレンジ! ポートフォリオの達人:三菱UFJ国際投信


ここのところ日本株式も20000円を安定して超えてきています。
順位にどんな変動があるか…


6月27日現在の順位は…



堅実型 793位!(前回936位)
期間中最高位248位

総合 2326位!(前回2504位)



上昇局面ということもあって総合ランキングの上位は積極運用型が占めていました。
TOPIXを中心にした人が好調で国内リートを中心にした人はかなり苦戦中。



コンテスト期間はあと2か月。



上位進出を期待したいところです。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

2017年6月19日月曜日

ジニーメイって何?

投資信託の投資対象は様々でファンドの販売用資料などを確認していると


これは何に投資しているんだ?


なんてものも結構あります。
今回目海外債券を投資対象にするファンドで目にした


ジニーメイ


とは何ぞや?

ジニーメイ(じにーめい):野村證券

ジニーメイは投資対象でなく米国政府抵当金庫という政府機関ですね。
住宅ローン担保証券(MBS)の利払いを保証して資金を呼び込む役割を担っています。


政府機関が利払いを保証するのでジニーメイが保証している債権は比較的安心できる債券といえます。

類似したMBS事業を行うファニーメイ、フレディマックは公的保証がありません。

MBSを投資対象にするファンドを検討するときのポイントになりますね。



利回りが国債などに比べると高いことが多いです。


具体的にETFのiシェアーズシリーズで利回りを比較してみます。
(2017年5月末時点の過去3年リターン)
参考サイト:商品ラインアップ:ブラックロック


米国MBS     2.18%
米国国債1-3年  0.59%
米国国債7-10年 2.94%
ハイイールド社債  3.19%
米国リート不動産  7.47%


ん~どうでしょう。
国債よりリスクが高い割りにリターンが追い付いていない気が…


アメリカ債券の中でリスクを抑えつつ、そこそこのリターンを求めるポートフォリオに組み込むクラスって感じですね。


あえて選択する必要性は低いかな?



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

2017年6月11日日曜日

タイミングよく約定

積立投資をした

ひふみプラス
ニッセイ国内債券

が約定しました。

              約定価格           平均取得単価
ひふみプラス       34246円   2921口  32255円
ニッセイ国内債券     10361円   9652口  10100円


6月は2万円投資で約定日は6月6日。

前日の基準価額は設定来最高値の34576円だったのでいいタイミングでの約定となりました。


現在の状況を確認すると




イギリスの議会選挙は与党の過半数割れという結果に。
【イギリス総選挙】保守党が過半数割れ メイ首相の責任論も浮上か:HUFFPOST


てっきり国内を盤石にしてEU離脱交渉を進めていくための選挙かと思ったら一層不安定な状況になってしまいました。


もともとイギリスがEU離脱をすることは決まっているので相場はそれほど動かないかもしれませんね。



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

2017年6月4日日曜日

6月はひふみプラスと国内債券で

5月のアメリカの雇用統計が発表。
伸びは鈍化していますが失業率も低下しているので完全雇用に近い状態になりつつある模様です。
5月米雇用増13.8万人に減速、失業率は16年ぶり低水準:ロイター


そんな中での5月の積立投資。


全てのファンドが含み益。
どのファンドを購入しても平均取得単価は上昇してしまう状態の中での今月の積立投資は


ニッセイ国内債券
ひふみプラス


にしました。


日経平均はあっさり20000円を突破しましたが

北朝鮮のミサイル
イギリスのテロ
イギリスの総選挙
アメリカのパリ協定離脱

など不確定要素は目白押し。


落ち着かない日々が続きます。



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

2017年6月1日木曜日

2017年5月の運用成績

2017年5月の運用成績です。

相変わらずミサイルの試射を続け挑発を続ける北朝鮮。
まだ相場に大きな影響を与えるほどの脅威となっていないのか5月は落ち着いた動きでした。

資産構成比


5月の投資はニッセイ国内債券、ニッセイJリートを10000円ずつ。

投資総額 2455825円  実績 3227590円
 (うち利益確定分 825825円 実績 1165920円)


累計リターン +31.43%  前月比 +0.88%



3か月連続プラスです。



前月比上位ファンド

①ひふみプラス          +6.13%
②野村新興国株式         +3.47%
③ニッセイTOPIX       +2.70%


前月比下位ファンド

①DIAM世界リート       -2.08%
②ニッセイグローバルリート     -1.06%
③SMT国内債券         -0.18%


世界リートが足を引っ張り国内株式が全体をけん引。


フランス大統領選はマクロン氏が当選しEUが解体へ向かうシナリオはひとまず回避。

しかしG7ではアメリカがかなり浮いた存在に。
「G7の悪役」になったトランプ米大統領:日経ビジネスオンライン


駄々っ子のようにしか見えない振る舞いに世界がどこまで許容するのか。
多少は協調して世界経済のことを考えてもらわないと…



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ